スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Chikuma TRC-15HPインプレ

<情報>
Chikuma公式より
TRC-15HP

取り扱い: 千曲精密製作所
生産地: 日本
マニュアル: 紙1枚
付属品: なし
購入時期: 2009年7月
購入価格: 32,000円(2.0m品)










Chikumaの電源ケーブル"TRC-15HP"のインプレです。

特徴を一言で言うと、「アキュレートな音」。
若干ハイ上がりな傾向ですが、クセというほどでもなく、機器のもつ音を素直に出してくれます。
透明感や、解像度をプラスするような、システムを研ぎ澄ますようなケーブルな印象。
得意ジャンルはクラシックでしょうか。ピアノやバイオリンなどの楽器が「よりらしく」でてる感じがします。

ハード自体は、「やわい」の一言に尽きると思います。
ケーブル本体?は、キンバーのブレイド構造もとい"三つ編み"のような、「特殊ねじり構造」を採用しているのですが、それを覆うメッチュチューブが個人的に残念な製品になっています。
と、いうのは、メッシュチューブが"だぼだぼ"の状態になっており、ケーブルがぐにゃぐにゃ曲がってしまうのが個人的にあまりいい印象ではありません。
よくわからない文面ですね…(笑
「ねじれ」や「曲げ」は普通にできるので、取り回しに関しては特に問題ないと思います。

あと、私が買ったもの固有の話だと思うのですが、プラグに変な繊維質のものが詰まっていました。(写真1 2)
気になったので除去しましたが、どういうところで組み立てしているのか知りたいですね…
音に影響はでないとしても、製造工程で発生したゴミが詰まっているようにしか見えないので、少し気になりました。


DACに導入した結果、従来のバランスを崩すことなく、ワンランク上の音にすることができました。
求める音によるでしょうが、「一本くらいは持っておいても損はないケーブル」だと思います。
ただし、「低域の量感を増やしたい」「高域がキツいので少し丸めたい」といったニーズがあるようなら、このケーブルはオススメできません。
現状出ている音から、方向性を変えるようなことはできないので。
ですので、より成熟した音に、より昇華した音にしようと考えたときに、このケーブルが選択肢に入ってくるであろうと思います。
スポンサーサイト

Blu-spec CDに興味が出てきた

AV watchより
普通のCDと新開発「Blu-spec CD」を聴き比べてみる
-SMEが試聴会。Blu-ray技術を活かした高音質CD


Phlie webより
想像以上に大きい「Blu-spec CD」と現行CDの音質差



Blu-spec CDはやっぱいいものみたい
そりゃそうだよなぁ…
何年も前に、メディアどころか焼くドライブによって音に違いが出るか徹底検証した経験から言って、Blu-spec CDはコストパフォーマンスが非常に優れた技術だと思う
写真で「記録面の違いはほとんどわからない」と書いてあるものの、CD…ってか光学メディアでまず見るべきは、外周と内周のエッジだよ
あれば出来てなければ、基本的にいいメディアとは言えない
とか言って、太陽誘電みたく「無理矢理削って」変にメディアの反りを増やしてしまってるメーカーもあるけどね
ってか誘電は昔に比べて、削り以前に仕事が雑になりすぎた
もはや「国内メーカー」であることしか取り得がない
かの8倍速CD-Rを知っている身としては、今の誘電に対しては悪いイメージしかわかないね

で、Blu-specだが
改めてラインナップ見ても正直パッとしないなぁ…
ドヴォルザークのやつくらいなもんか
…ま、全部見たわけじゃないんだけどさ、しらみつぶしに上から見てったら、スメタナの「モルダウ」の文字が
あれ好きなんだよね
他にクラシックで好きな曲といったら、グリーグの朝も捨てがたい
深夜に聞く朝はなんとも言えん(静寂的な意味で

とりあいずどんなもんか買ってみるか…
クラシックとかじゃなくて、U.N.オーエンは彼女なのか?とか出たら即買いしちゃうのに
ハァ…妹様は相変わらず最高すぎる…(今現在、最終鬼畜ドSを聴いてたりする)
妹様オンリーのアレンジ集とかあったら買っちゃいそうだよ

ABA A-40インプレ

<情報>
サンシャインより
超薄型制振シート 商品案内ページ

取り扱い: サンシャイン
生産地: 不明(表記なし)
マニュアル: 紙切れ一枚
付属品: なし
購入時期: 2008年5月
購入価格: 2,800円








<お手軽すぎる一枚>
サンシャインのオーディオシート"A-40"のインプレです。

特徴を一言で言うと、「見通しのよい音」になります。
解像度の向上や、締まった低域、伸びる高域…と、ソースのウマミを際立たせるもので、「悪い点が見つからない」です。

また、(あくまでもうちの環境でCDTに敷いた結果ですが)ハード面でも「劇的」と言える変化がありました。
具体的には、「トレイのガタツキが減った」「トラッキング精度が向上した」というものです。
後者に関しては特に顕著で、特定のTrackで1Trackリピートをかけておくと、かなりの確立で読み取りエラーが起きていたにもかかわらず、このシートを敷いただけでそういうエラーは全くなくなりました。

あと、PC本体にも敷いてみましたが、こちらはオーディオ用途に比べると、あまり効果はありませんでした。
主に感じた点は、パソコンラックの振動が少なくなったということでしょうか?HDDや光学ドライブ類の振動が、多少減った気がします。
他に考えられる用途としては、(試してはいませんが)外付けの光学ドライブにこのシートを併用するとエラー率が減りそうな気がします。(ワウフラッタが小さくなるため)


ハード自体は「単なる鉄板」です。
「0.6mm」という薄さですが、柔軟性ゼロなので、折り曲げて使うということはできません。
また、意外にも結構ずっしりきます。まんま、鉄板ですね。



価格も実売3,000円を切る設定なので、お金の余裕があるなら、ぜひ一度試していただきたいアクセです。
なお、別売の「アーシングシステム」なるものを使うと、より一層効果が出るようです。
PC用途で考えた場合も、「PCパーツとしても高額でない」ので、オーディオPCなどに凝ってる人は試してみる価値があると思います。
また、PCによるラックのうなりが気になってる人にも、導入検討する価値がある一枚だという印象です。

QED Qunex Signature75インプレ

<情報>
QED公式より
SIGNATURE 75

取り扱い: 東志
生産地: 台湾
マニュアル: なし
付属品: なし
購入時期: 2007年9月
購入価格: 24,000円









<個人的にはCHORDのPRODACよりこっちのほうが好き>
QEDのデジタルケーブル"Qunex Signature75"のインプレです。

特徴を一言で言うと、「明瞭でハキハキした音」。
(やや腰高になるものの)全域に渡って歯切れよく、すっきりとした表現。特に高域は繊細さや明瞭さがあり、疲れさせない程度に強調された音が印象的です。
得意ジャンルはピアノ系。ピアノソロでは高域の美しさが一層際立ちます。

ハード自体は、特に扱いにくくないように感じました。
コレクトチャック式を採用しているため確実な接続もできますし、ケーブルが多少硬いと言えば硬いですが、デジタルケーブルなのでそんなにムリな取り回しをしないことが想定できるので、取り回しに関しては特に気にする必要はないと思います。



かつて不満であった高域解消用に導入した1本ですが、(執筆当時)真剣に聴いてみたところ、なかなか良いケーブルということに気づきました。これで聴くピアノソロは格別だと思います。
別にピアノソロに限ってでなく、比較的オールマイティーだと思うので、音に関しては不満らしい不満はありません。
ただ、個人的に残念なのが「製造国」。人によっては全く気にしない人もいるでしょうが、私は「イギリスのメーカーで、なおかつフラグシップモデルにもかかわらず、製造が台湾なのはナゼ???」と思います。利益が取りやすいであろうフラグシップくらいは、本国で製造してもいいんじゃないでしょうか?
まぁ、そんなことにコダワリがなければオススメできる1本だという印象です。

ETI eXpress Powerインプレ

<情報>
ETI公式より
eXpress Power & eXpress Power Strip

取り扱い: けーぶる舎
生産地: オーストラリア
マニュアル: なし
付属品: なし
購入時期: 2008年3月
購入価格: 42,000円










<初めて電源ケーブルに手を出す人にはオススメできない>
ETI(Eichmann Technologies International)の電源ケーブル"eXpress Power"のインプレです。

特徴を一言で言うと、「クセのない音」。
カラーレーションがほとんどなく、機器のもつ音を素直に出してくれます。
わずかに色づけされるのは、滑らかさ、響き、低域の分離感と、ソースの持つものを際立たせるもので、システムの音を壊すようなことはしません。
そのため、得意ジャンルは「これ」というようなものが特になく、わりとオールマイティーに使える印象。

ハード自体は、かなり扱いにくいです。
ケーブル自体は比較的柔らかいものの、相当に太いかつ、それなりの重さのブラックボックスが付いているので、どう言いつくろうとも、取り回しが悪い部類のケーブルと言わざるを得ません。
また、ケーブルのネジレがほとんどきかないことも欠点と言えるでしょう。(インレットがヨコの機器なら問題ないですが、タテの機器はちょっとムリして差し込まないといけません)


トランスポートに導入した結果、響き、滑らかさを一層際出せることができ、成功を収めることができました。(従来からの不満である高域が未だ解決できていませんが)
購入を検討している方に一度考えていただきたいのですが、このケーブルの一番重要なところは、「ある程度固まったシステムじゃないと活かしきれない」ことです。
カラーレーションが少ないということでは、ある意味「理想の電源ケーブル」とも言えますが、ウラを返せば、システムの方向性が既に固まりつつなければ、冴えない結果になることが想定されます。
なので、ケーブルを変えて音を変えたいという方は、別のケーブルに当たったほうがいいでしょう。

傳聴研 DenDACインプレ

<情報>
オーディオインテル公式より
DenDAC

取り扱い: オーディオインテルなど
生産地: 日本
マニュアル: あり(書類をホッチキスでとめてある手作り感タップリなもの)
付属品: なし
購入時期: 2007年11月
購入価格: 11,000円くらい(送料、代引き料金込み)








<冗談抜きで音だけなら1万のレベルじゃねぇ>
一部で話題のdendacのインプレです。

特徴を一言で言うと、「クリアで緻密な音」。
傾向は中高域より、低音部はやや少なめで締まっている印象。
柔らかな響き、静寂感、空間表現のうまさは特筆すべきところで、聴いてて疲れさせない、どこかアナログらしさを感じさせる鳴らし方。
価格、サイズからは想像がつかない、レベルの高い音だと思います。

欠点はPCオーディオに特化したところ。
手軽さと表裏一体な問題ですが、トランスポートはPC限定、出力もステレオミニ限定となっているので、後から何か買い足して音質を変えるといった芸当ができません。
その他、ランプがまぶしすぎるので、USBポートが視界に入る人は厚紙などで遮光する手間があったり、厚みがあるので、隣接するUSBポートが使えなくなるといった欠点もあります。
また、OSのボリュームからしか音量をいじれないので、これも場合によっては欠点と言えそうです。

あと、この製品には化粧箱が存在しません。
私の場合は、宅急便の紙袋の中に写真のようなもの(粗くて申し訳ない)が入っていました。
その中に本体が入ったブリスターパックが挟まれていました。


業者っぽい「いい評価」しかしてない感じがしますが、これはかなりオススメできる製品です。
特にノートなどのサウンドボードをいじれない環境においては、相当に強みを持つのではないでしょうか?
拡張性ゼロという条件を飲めれば、コストパフォーマンスに優れた製品だと感じました。
好みもあるでしょうが、ヘッドホンを繋ぐなら、同価格帯のサウンドボード買うよりか利口な選択だと思います。

余談: 見た目が2、3,000円のオモチャみたい(失礼)ですが、音を決めるのに物量は関係ありません。
世の中にはこういう機器(拡大写真。モノはMusica HPA100。実売6万くらい。ハイスピードで、高域がちょっと刺激的すぎるけど、ハマる人はハマる鳴らし方をする。中身を見なけりゃ6万相応の音)が売られています。

最後に。この記事を書くにあたり、とある方に内容を評価して頂きました。
この場を借りてお礼申し上げます。

Black Rhodium Symphonyインプレ

<情報>
Black Rhodium公式より
Symphony

取り扱い: ムーンライトコーポレーション
生産地: 英国
マニュアル: なし
付属品: なし
購入時期: 2007年9月
購入価格: 27,000円










<価格の割りには微妙>
国内ではマイナーと思われるBlack Rhodiumのピンケーブル"Symphony"のインプレです。

特徴を一言で言うと「薄味」。
特に空間表現が上手いわけでもなく、解像度、スピード感も感じられないので、これといって面白いものでもありません。低域がかなり抑えられるのもマイナスポイントと言えます。
ただし、高域部だけは響きや分離がよいので、低域がブーストしすぎているシステムと組み合わせて使うと、いい結果が出てくれるかもしれません。

ハード構成はコレクトチャック式を採用しており、比較的に柔らかいです。
色は赤っぽい紫で、赤光りする独特の雰囲気。
それと特徴的なのがL/Rのケーブルが独立しながらも、それらのケーブルがツイスト構造になってバンドで束ねてあるところ。
変わった構造ですが、これによって特に扱いにくくなったりすることはないように感じました。


うちの環境で聴いた感想を素直に述べるなら、ピアノソロだけはハマってるとも感じましたが、「ほとんどいいとこなし」のケーブルです。
あと1万円上乗せして、CHORDのChameleon買ったほうがいいと思います。
一つ気になると言えば、同社製の上位モデル"Polar"シリーズのプラグが同社製のものからアイヒマン製のものになっているので、このモデルとPolarシリーズで音のタイプが違ってるかもしれないこと。
もしかしたら、ここのメーカーの本領は上位モデルにこそあるのかもしれません。
プロフィール

pleyama

Author:pleyama
軽いうつ病にかかっている程度の能力を持った変態


現在の閲覧者数:
QRコード
QRコード
amazon
ちくしょう誰がこんなことを
いきるのにつかれました
ブロとも一覧

35歳、結婚できないと諦めていた女がイケメンにプロポーズされるまでの婚活ブログ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
インプレ関係
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。