スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一発ギャグの魔術師話

こんにちは!トラックバックテーマ担当の水谷です!
今日のテーマは「好きな人のどこが好き?」です。

みなさん、好きな人はいますか?
好きになるのに理由は無いと言う人も多いと思いますが
あえて、好きな人のどこが好きかを聞いてみたいと思います。

水谷は、あんまり外見には捉われないと思います。
どちらかというと、顔とかよりも雰囲気を見ます。
一緒にいてて落ち着いたりする雰囲気の人...
第715回「好きな人のどこが好き?」


んな特別異性に好きな人がいないってのに聞かれても困るよ
そうだなぁ…想像もとい妄想で語るならば、だ
一緒に何かに共感したり、元気をわけてくれたりするところ…
がいいね
…アレ?さりげなくキモいこと言ってね?



続・トシちゃんネタ
今日で付き合って1年が経ったんだよね。あっという間だったなぁ…。
ということで、今日ぐらいは自分の気持ちをしっかり伝えようかなと思います。何言われるんだって、ビクビクしてない?(笑)

さて、何から書こうかな。
あー、前から思ってたんだけどさ、pleyamaって鏡があると必ず自分の顔見るよね(笑)。
ってわざわざ記念日に書くようなことじゃないよね。この話はナシ(笑)。

pleyamaってさぁ、いつも携帯にロックかけてるし、絶対に肌身離さないよね。最初は不安で不安で、浮気されているんじゃないかとか思ったんだ。この前、pleyamaが一度だけ携帯を忘れてトイレ行ったから(ロックするのも忘れてたし)中を覗いたの。ごめんね…。
でもそれで安心した。「あぁこのロリ画像集を見られたくないだけだったんだ」って(笑)。

それとさ、ぶっちゃけ、最近はあまり一緒にいても楽しくないんだ。
pleyamaって、私が言うのもなんだけど、付き合ってからどんどん「恋愛ばっかり」になってるよね。昔は恋愛以外のことにも一生懸命だったしカッコよかったのに、付き合ってからは私のほうしか向いてない気がする。だからあまりドキドキしなくなったっていうのも大きいかな(まぁドキドキしないのは前からだけど)。

pleyamaのこと嫌いなわけじゃないんだ。でもさ、なんか、もう少し堂々と構えていてほしいんだよね。引っ張っていってほしい、なのかなぁ。pleyamaは強気が空回りしているだけで、余裕がないから何だか疲れちゃうんだ。

なんか、つい悪いことばかり頭に浮かぶや…。もっと前向きなこと書くね。

これでもね、私はpleyamaに感謝してるんだよ?
当時、元カレにふられて落ち込んでいた私に「地球はひとつの生命体なんだよ」とか言ってくれたよね。壮大すぎて意味が分からなかったけど(笑)、ひとりじゃないって言いたかったのかな?いつも言ってることは心に響かないpleyamaだけど、私には「癒し」だったんだ。

pleyamaが言ってくれた「幸せにしてやるとは言えないけど、おれは君と幸せになりたい」ってセリフを今も信じているから、私はこれからもpleyamaと一緒に歩んでいきます。pleyamaがいつか「幸せにしてやる」って言えるようになったらもっと嬉しいけどね。

これからも決して平坦ではないと思うけど、この一年間のように、お互いを信じて乗り越えていこうね。それと女子高生が階段にいるとき、さりげなく見上げるのはやめてね(笑)。

ではでは、これからも末永くよろしくお願いします。pleyamaがいてくれてよかった。ありがとう。

P.S.私以外には「一発ギャグの魔術師」って名乗ってないらしいね。

pleyamaさんについての分析結果は以下の通り。

--------------------------------------------------------------------------------

【こんな問題ありませんか?】
◆「冷たい男や悪い男のほうがモテるんだろうか…」などと思ったことがある。
◆好きな人ができると、自然な自分を見失う。「頼れる居場所」を用意できない。
◆付き合ったり好きな人ができると、自分に疲れる。
【分析と課題】
自分と付き合っても女性にとってはいいことがない、自分を好きになるはずがない、と心のどこかで思っていませんか?誰かに好かれることを期待していながらも、それを否定してもいる、複雑な心を内に秘めているものと思われます。

pleyamaさんは、好きな人ができると一生懸命になり結果としてうまくいかないことが多いので、もしかすると「冷たい男」「悪い男」「女を突き放す男」がモテるのだろうと思っているかもしれません。しかし、そういった男性たちが、結果として「感情を女性に向けすぎない(重すぎない)」ことで女性に逃げられづらいだけであるということは知っておく必要があるでしょう。

pleyamaさんに求められるのは、冷たさの獲得など性質を変えることではなく、今の状態のまま自分の気持ちに余裕をつくることなのです。小さなことでガタガタしない、穏やかながらに雄大な心を持つことなのです。

また、pleyamaさんは、自分のことに追われるだけではなく、女性の気持ちを理解し、女性のニーズを満たしてあげるという方向にも意識を向けなければいけません。女性のタイプによっても求めるものが違いますが、何よりも自分のことでいっぱいいっぱいになるのではなく、女性の気持ちに正面から向き合うことが求められています。
【恋愛キーワード】
「柔軟」「疑い深い」「沈黙」「女性扱いが下手」「義理堅い」「追う側」「男っぽさ無し」
【最後に】
pleyamaさんは、ときに恋愛になると余裕をなくす場面はあるものの、女性に温かさを提供できるタイプであると思われます。しかしながら、その優しさを恋愛でどう発揮していいのか、また、真面目さやマトモさは、恋愛にあまり役立たないのではないかなどと思っているかもしれません。

しかし、これは確実に言えることですが、女性たちの中には、よき理解者で器の大きな男性を探し求めている人が(そして叶えられない人が)大量にいます。「性格重視」という人が大量にいます。ただし優しければいいというものではないのです。

pleyamaさんのような性格の基礎があるからこそ発展できる、(女性にとっての)理想の男性像があります。pleyamaさんには、女性に心の居場所を用意できる男性になる「素養」があると思われます。

pleyamaさんにとって、「恋愛」というジャンルの知識はまだまだ未開拓ではないでしょうか。pleyamaさんが恋愛に困っていなくても、我々は、恋愛学習にお付き合いいただきたいと思っています。



またもやなんつーカブり感…
なんか前の似たようなやつもそうだけど、似たような境遇で育ってね?と思ったりする時がたまーにある

しかし
>あー、前から思ってたんだけどさ、pleyamaって鏡があると必ず自分の顔見るよね(笑)。
流石に必ずは見ないよ
でも割と見てる気がする
これ、スケートの高橋選手とか安藤選手も同じように「鏡を見るクセ」があるらしい
この行動は「自分に自信のない人」がよく取るらしいね

>「あぁこのロリ画像集を見られたくないだけだったんだ」って(笑)。
どんな変態だよそれ!
ケータイにそんなの入れないよ!

>pleyamaさんのような性格の基礎があるからこそ発展できる、(女性にとっての)理想の男性像があります。pleyamaさんには、女性に心の居場所を用意できる男性になる「素養」があると思われます。
嘘だッ!
こんな人間不信のひねくれまくった性格の人間なんて、性格の基礎以前に人間としてどうかと思うぜ?

>pleyamaさんにとって、「恋愛」というジャンルの知識はまだまだ未開拓ではないでしょうか。pleyamaさんが恋愛に困っていなくても、我々は、恋愛学習にお付き合いいただきたいと思っています。
くっ!このおせっかい野郎め!
でもそういうところはどんどんアドバイスしてくださいお願いします
スポンサーサイト

コメントの投稿

>またもやなんつーカブり感…
ミスト山がくるぞー
本当によくカブったねー、探せば案外共通点だらけなのかもね?

>ケータイにそんなの入れないよ!
(mp3ウォークマンをそっと隠す)

>正直そこはノーケアだった
>■の回答をひたすら打つのが精一杯だったよ…
あぁ、違うよ?
誰かやってくれるかなと期待してたって意味で

>これが孔明の罠というものか…
それも私の仕業だ

>なぁ、これ誰に向けたバトンだい?
見た人に向けてだよ、ふふふ・・・

>本当によくカブったねー、探せば案外共通点だらけなのかもね?
カブですって!?

>(mp3ウォークマンをそっと隠す)
変態!このド変態!
人にマネできないことを平然とやってのけることがすげー

>見た人に向けてだよ、ふふふ・・・
しかし実際に起きた現象としては、mgnt経由で展開されているという…
非公開コメント

プロフィール

pleyama

Author:pleyama
軽いうつ病にかかっている程度の能力を持った変態


現在の閲覧者数:
QRコード
QRコード
amazon
ちくしょう誰がこんなことを
いきるのにつかれました
ブロとも一覧

35歳、結婚できないと諦めていた女がイケメンにプロポーズされるまでの婚活ブログ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
インプレ関係
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。