スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傳聴研 DenDACインプレ

<情報>
オーディオインテル公式より
DenDAC

取り扱い: オーディオインテルなど
生産地: 日本
マニュアル: あり(書類をホッチキスでとめてある手作り感タップリなもの)
付属品: なし
購入時期: 2007年11月
購入価格: 11,000円くらい(送料、代引き料金込み)








<冗談抜きで音だけなら1万のレベルじゃねぇ>
一部で話題のdendacのインプレです。

特徴を一言で言うと、「クリアで緻密な音」。
傾向は中高域より、低音部はやや少なめで締まっている印象。
柔らかな響き、静寂感、空間表現のうまさは特筆すべきところで、聴いてて疲れさせない、どこかアナログらしさを感じさせる鳴らし方。
価格、サイズからは想像がつかない、レベルの高い音だと思います。

欠点はPCオーディオに特化したところ。
手軽さと表裏一体な問題ですが、トランスポートはPC限定、出力もステレオミニ限定となっているので、後から何か買い足して音質を変えるといった芸当ができません。
その他、ランプがまぶしすぎるので、USBポートが視界に入る人は厚紙などで遮光する手間があったり、厚みがあるので、隣接するUSBポートが使えなくなるといった欠点もあります。
また、OSのボリュームからしか音量をいじれないので、これも場合によっては欠点と言えそうです。

あと、この製品には化粧箱が存在しません。
私の場合は、宅急便の紙袋の中に写真のようなもの(粗くて申し訳ない)が入っていました。
その中に本体が入ったブリスターパックが挟まれていました。


業者っぽい「いい評価」しかしてない感じがしますが、これはかなりオススメできる製品です。
特にノートなどのサウンドボードをいじれない環境においては、相当に強みを持つのではないでしょうか?
拡張性ゼロという条件を飲めれば、コストパフォーマンスに優れた製品だと感じました。
好みもあるでしょうが、ヘッドホンを繋ぐなら、同価格帯のサウンドボード買うよりか利口な選択だと思います。

余談: 見た目が2、3,000円のオモチャみたい(失礼)ですが、音を決めるのに物量は関係ありません。
世の中にはこういう機器(拡大写真。モノはMusica HPA100。実売6万くらい。ハイスピードで、高域がちょっと刺激的すぎるけど、ハマる人はハマる鳴らし方をする。中身を見なけりゃ6万相応の音)が売られています。

最後に。この記事を書くにあたり、とある方に内容を評価して頂きました。
この場を借りてお礼申し上げます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pleyama

Author:pleyama
軽いうつ病にかかっている程度の能力を持った変態


現在の閲覧者数:
QRコード
QRコード
amazon
ちくしょう誰がこんなことを
いきるのにつかれました
ブロとも一覧

35歳、結婚できないと諦めていた女がイケメンにプロポーズされるまでの婚活ブログ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
インプレ関係
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。