スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況120204話

■日記
最近現実の女性とうまくいってない感
こうなるのは付き合う前から想定済みだけど
ワシはこの半年ちょっとで何が勉強できたのだろうかのぅ
まぁ、このまま別れるにしろ、相手が納得すればそれでよいのではないだろうか
自分が悪いのは明白だし

元はといえば、色々精神的なものがあってウダダーってしてた頃に
自分の誕生日に「一緒に過ごさなくてもいい?」って相談をしたのが今回の事態のトリガとなり
色々、それは色々とあって今に至る


いやー、おじさん変わってるの自覚してるけど、自分の誕生日を祝われるのがイヤってなもんで
「その年齢でその程度の仕事しかしてないのか」っていうプレッシャー与えられてる気がして、なんかなぁって感じです

さらに言うと、誕生日を祝う風習が理解できない
昔、物資が不足していた時代…つまるところ赤子が1歳になる前に亡くなっていた時代では、「無事1年を生き延びた」ことで祝っていたことはわかります
ただこの例は、今の日本にとってはゼロとは言えないものの、かなりのレアケースだと思います

祝う風習について簡単にぐぐる先生に聞いた情報を鵜呑みすると、キリスト教の流れを汲んでいるみたいです
と言うのは、自分の身体は神が創造したものであり、この世に生誕することは神により揮われる奇跡、ってな大体こんな感じの考えらしく、よーは「この世に私という存在を生み出してくれてありがとー神様ー!」「いいってことよー」ってやつみたいです

うn、無宗教の私にとっちゃ余計祝う意味がわからなくなった
一回本腰入れて調べてみたいところ
…というかこういうコトに疑問をもったりするから変人とかクセがあるって言われるんだろうなぁ


閑話休題


久々に二次元力が溜まってきたので、ちょちょっとえろげーの体験版なんかを落としてやってみました
もうね、なんというかね、ニヤニヤして、やべぇんだ
やってるのはコレなんですが
前作がアレな出来だっただけに、正直あんま期待せずに、でも個人的大ヒットだった前々作との繋がりもあるみたいってことで期待半分やったら
前々作のノリで…これはありがたい…
もうね、なんというかね、ニヤニヤして、やべぇんだ(2回目)
特にクルルが出たときの俺マジきんもー☆

あ、クルルって誰かっていうと








僕の嫁です(キリッ
キャッ///言っちゃった///

しかし主人公キャラがフルボイスのえろげーをワシは初めてやったんだが
緑川光ボイスが五臓六腑に染み渡るわぁ

時間があったらもっかい前々作やりたいのぅ兄ちゃん
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pleyama

Author:pleyama
軽いうつ病にかかっている程度の能力を持った変態


現在の閲覧者数:
QRコード
QRコード
amazon
ちくしょう誰がこんなことを
いきるのにつかれました
ブロとも一覧

35歳、結婚できないと諦めていた女がイケメンにプロポーズされるまでの婚活ブログ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
インプレ関係
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。